紀州 桑の葉茶 山本桑園

出会いがあればこそ

さまざまな出会いから、桑の葉茶が生まれました。

自然なままの山林との出会い

私は和歌山県日高郡印南町で建設会社を経営しております。縁あって平成17年度頃、山林・農地合わせて36万坪という自然のままの土地を購入することができました。山林の中には谷などがあり、それを埋め立てして何かできないかと思っていたところ、知人の紹介で京都工芸繊維大学名誉教授 原三郎氏を紹介してもらいました。

原先生との出会い

京都工芸繊維大学の嵯峨野キャンパスで見た桑畑は約1万坪にわたり、青々とした桑畑で、今まで目にしたことのない風景でした。原先生が桑の木のこと、蚕のことを色々話していただきました。桑の木も大学には20種類位しかないが、1000種類以上あるといわれているそうです。蚕のベッドも見せてもらいました。桑の葉をしっかり食べていたのが印象的でした。 原先生が蚕のえさである桑の葉を一年中食べさせる為にはどうすればよいか考えて悩んでいたらしいのです。なぜなら桑の木は落葉樹で毎年6月~10月までしか桑の葉ができないのです。そういった理由で原先生が食品機械メーカーと考案されたのが、特殊瞬間乾燥法です

特殊瞬間乾燥法

特殊瞬間乾燥法は、130℃~150℃の高温で桑の葉を自然なままで、粉末にします。生葉から粉末にするまでの時間は、約8秒でできるという優れた機械です。そうすることで大腸菌が陰性になるため、人間の体にそのまま取り入れても大丈夫とのことでした。その日、帰りに桑の葉の粉末をもらって帰ったのです。

健康との出会い

私は建設会社の経営者という立場上、お酒を飲む機会が多く、体調もあまり良くなかったのです。体に変化があったのは48歳頃から、たまにお尻から出血ということが多くなり、病院へ行ったところ、大腸にポリープがあるとのことでした。ストレスや偏食からポリープができ、出血したのではないかと医者が言うのです。いろんな薬や漢方薬を飲んでみましたが、効果は今ひとつでした。それが原先生にいただいた桑の葉の粉末を飲み始めて、なんと出血がなくなり、体調も良くなったのです。その間、6ヶ月位でした。私は、原先生にお願いして、和歌山県日高郡印南町の山林で桑畑を作らせていただきたいと申し入れたのです。

健康というビジネスとの出会い

それから3年、500坪ほどの桑畑ですが、桑たちは元気に育っています。

桑の木から桑の葉を収穫するのは3年先位とのことです。私は原先生にお願いして、大学が収穫する桑の葉の粉末を仕入れて、販売させてもらうことにしました。 そこで、当社の桑の葉の製品を桑葉の伝説(そうようのでんせつ)と名前をつけたのです。桑の木というのは、素晴らしい木で、原先生のお話やいろいろな本を読むと、ある本には不老長寿の妙薬とも書かれておりました。桑の木すべてが漢方薬になるようです。

こんな素晴らしい桑の葉と出会い、今はまだまだビジネスにはなっていませんが、色々な方のご指導をいただき、これからも頑張って日本中のみんなを健康にするために努力していきたいです。

喜びとの出会い

今年で3年になって、色々な人に飲んでもらっている中で、体調が良いという声を聞くと、この事業に取り組んで良かったと思うことが多くなりました。

人というのは、まず健康でなければならないと思います。当社エコファームわかやまは、健康!元気!幸せ!作りを基本理念に毎日努力してまいります。

そのためには、自然なままの山林で無農薬栽培をして、素晴らしい桑の木を育て、品質の良い桑の葉を安心・安全な加工技術でお客様にお届けしていきたいと思います。
また桑の木は環境にもよく、桑の木1本で1年間3kgのCO2を削減し、1kgの酸素を大気に放出するらしいです。

エコファームわかやま 2009/02/09

会社概要
blog「桑葉のある1日」
ページの先頭へ
販売営業所
〒644-0041 和歌山県日高郡美浜町田井12-5 エコファームわかやま
TEL&FAX:0120-098-981 受付時間9:00~16:00 月~金(土日祝は定休日)